男性と女性は違う?

先に述べておきますが、優秀な家庭教師は男性と女性どちらにも存在しています。指導力や授業を進めていくレベルの差に、性別などは関係ありません。ベテラン家庭教師であれば、更にそう言えるでしょう。それぞれが工夫したり努力しながら、自分の成長を目指しているのではないかと思います。勉強をがんばりたい子供達の為に、自分も努力したいと考えている家庭教師は性別関係なくたくさんいます。とは言え、やはり迷ってしまうこともあるでしょう。その場合は、子供のタイプを考えながら判断するといった方法もあります。

小学生であれば、学校で女性の先生と男性の先生のどちらが安心して学べているのか比較してみても良いでしょう。この時、子供の性別はあまり関係ありません。女性の先生の方が話しやすいとか質問しやすい、リラックスできると感じているお子さんであれば、家庭教師も同性にした方が良いと言えそうです。反対に男性の先生の方が良いようなら、家庭教師も男性の先生にすることを検討してみても良いでしょう。

いずれにしても、一番注目したいことは教え方の良し悪しはもちろん子供との相性です。相性が良い先生であれば、家庭教師が来る日を子供は楽しみにしたり褒めてほしいと思ったりするものです。